読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自衛隊で何を学ぶか

元脱サラ自衛官の気づき

自衛隊と酒

みなさんお酒は飲みますか?

 

自衛官はたくさんお酒を飲みますよ〜(笑)

 

 

とにかく飲む!

自衛官はもともと学生時代に運動部で活躍していた人が多いので、宴会の雰囲気はかなり体育会系です。実際は部隊によりけりだと思いますが、若い隊員は余興・一発芸を求められることも多いと思います。また、男性ばかりの職場ですので、必然的に会話の内容も下ネタになりがちです。民間では絶対ありえないなぁと内心思っていましたが、女性自衛官もこの辺りは寛容な印象を受けました。ただその一方で、女性を特定の場所に指定する(例えばお偉いさんの隣)などはセクハラとみなされるため、そのようなことは全くありませんでした。

 

ちなみにどんな時に宴会が行われるかというと、異動や新隊員の部隊配置といった定期的なものはもちろん、演習場での訓練や他駐屯地への支援など、泊りがけでどこかに出向いた時が多いです。そして宴会の単位は中隊(企業でいう部)、小隊(同じく課)がほとんどで、普通の宴会は街中の居酒屋で行われます。

 

 

演習場での宴会は、、、

下っ端隊員として大変なのは、演習場での宴会です。居酒屋と違って、定員さんがいませんから(笑)

 

場所のセッティングから食材の準備、宴会中は料理を提供しつつ盛り上げ役にもならないといけませんので、下っ端にとってはまさに目の回る忙しさです。最初は初めてなので色々と圧倒されますが、慣れてくれば開放的な雰囲気でリーズナブルにお酒を楽しめます。ただ、周囲に自衛官しかいない環境ですので、宴会の「激しさ」が増すことだけには注意が必要です(笑)

 

 

うまい酒を飲む為に、訓練はある??

みなさんは何歳ごろからお酒が美味しいと感じましたか?

 

私は20歳になってからビールを飲み始めましたが、心の底から「うまい!」と思うようになったのは、会社で働き始めてからです。発達が一番遅い味覚が苦味だからなのか、それとも仕事を通して社会の苦労を知ったからなのかは定かではありません。おそらくその両方でしょう。私の個人的な感想ですが、会社員時代よりも自衛隊時代の方が酒はうまかったと思います。

 

なぜかと考えたら、自衛隊の職務は組織(小さなチーム)で行い、しかも演習場での訓練は数日から1週間程度を同じ天幕(テントのこと)で過ごす為、お互いの距離が近いからだ、という結論に至りました。確かに会社でもチームで仕事をしますが、自衛隊ほどコミュニケーションを密にし、共同で作業をする職種もないと思います(私の経験上)。それに天幕という密室に長時間いれば、お互いの仲間意識が強くなってくるものです。

 

自衛隊の訓練はとても厳しいものでした。会社員時代も結構忙しい方だったと自負していますが、体力的にはやはり比べ物になりません。それでもやってこれたのは「状況終了」を聞いた時の達成感と、その後に待つうまい酒を味わいたかったからなのかもしれません。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

 

*当ブログでもし自衛隊の秘密事項に関する記述がありましたらご連絡ください。早急に削除いたします。